技術ジャーナル部会

技術ジャーナル部会は企業の発行する技術ジャーナル(技報)の企画,編集,印刷(管理)発行を業務とする編集者の集まりです。
企業などで技報を発行している編集者の方の参加をお待ちしています。


概要

開催日 隔月の最終金曜日(奇数月)
時 間 13:30から17:00まで
場 所 日本図書館協会会館 会議室
議 題 技報編集業務の諸問題を討議
参加団体と
技報

技報は
新しいウインドウで開きます
株式会社IHI

(日) IHI技報
(英) IHI ENGINEERING REVIEW
神鋼リサーチ株式会社

(日) R&D神戸製鋼技報
(英) Kobelco Technology Review
株式会社住化技術情報センター

(日) 住友化学 技術誌
(英) Sumitomo Chemical R&D Reports
株式会社住化分析センター

(日) SCAS NEWS

日本電気株式会社

(日) NEC技報
(英) NEC Technical Journal
パナソニック株式会社

(日) パナソニック技報

富士通株式会社

(日) 雑誌FUJITSU
(英) FSTJ
富士電機株式会社


(日) 富士電機技報
(英) Fuji Electric Review
(中)富士电机技术期刊


■■ 議事の進め方 ■■
各参加者が現在持っている問題点をまとめ、議長を務めて討議を進める。

最近の議題
・原稿の体裁(掲載項目)
・技報の役割・あり方
・原稿執筆から査読のフォローアップ
・技報の電子化とその効果
・『J-STAGE搭載の案内』
・執筆者情報(とくに顔写真)の掲載について
・表紙デザインの決め方
・発行スケジュールをキープするための工夫
・技報の活用方法とその評価方法
・外国人執筆者による論文の取り扱いについて
・社外執筆者からの論文寄稿について


これからの話題
(1) 企画
・技報編集委員/企画委員からの積極的な協力を得るための工夫
・全社横断テーマの取りまとめ方法
・執筆依頼の改善方法
・特集テーマを企画検討決定する方法・プロセス
(2) 編集
・論文を分かりやすくする編集方法
・執筆依頼/査読における原稿(本文、図、表)の書式
・技報の翻訳について(英文誌化、和文誌Abstractや目次の翻訳など)
・各記事の体裁、デザイン
・記事掲載順の決定方法
・共著者について(考え方、人数)
・商標の記載方法(マーク記載のルールなど)
・原稿に対する担当者の担当役割とその分担
(3) 利活用
・技報Webページのアクセス分析
・技報の認知度・発信力の向上
(4) 管理・運用
・各社における技報制作要領の概要(まとめ)
・著作権について(転載許諾の取得方法、社内教育など)
・技報における戦略的広報(情報開示の判断基準、考え方)
・誤記が発生した時の対処方法
・規格改訂への対応方法
・「執筆要領」に記載すべき内容
(5) その他(セミナー・講演の開催)
・旬な話題で講演会を開催(1回/年)


お問い合わせ先
参加申し込み先 一般社団法人情報科学技術協会 事務局
E-mail:suzuki@infosta.or.jp