研究活動

OUG  SIG  3i研究会       標準化活動     著作権問題

 

  • 日本オンライン情報検索ユーザー会 Online Users Group(OUG)
    情報検索の有効な手段であるオンライン情報検索を利用する場合、検索技術の巧拙、たとえばデータベースと質問項目の選択、論理式の組み方等によって検索 効率に大きな影響が出てきます。そこで、OUGではお互いの問題の改善と技術の向上を図るとともに、データベース、システムの提供側に対して問題の指摘、 改善の提案を行うことを目的として活動しています。全会員が参加する総会、研究会と希望登録参加の分科会が開催されます。現在、次の分科会が活動しています。

 

 

 

 

  • 3i研究会(Information,Infrastructure, Innovation) - 情報を力に変えるワークショップ -

3i研究会は、論文、特許、書籍、ビジネス情報、Web情報等の多様な情報源を用いて、活用シナリオを想定した解析を参加者自身で実践することにより、解析スキルの向上や情報の新しい活用方法を獲得することを目的として、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と連携し、2013年8月に活動を開始しました。研究会には、企業、大学等から多数のインフォプロの方に参加していただき、活発な議論が行われています。研究活動は、グループに分かれて約一年かけて行われ、その成果は当協会の機関誌、「情報プロフェッショナルシンポジウム」等で報告されます。           3i研究会の詳細はこちら

 

  • 標準化活動
    情報関係の標準化について、当協会は早くからその重要性について啓蒙に努めてきました。標準化委員会の活動を中心として、国際標準化機構(ISO)の以下の専門委員会 (TC) の業務を経済産業省から委託を受けた管理機関からの再受託によって実施しています。
    (1)「情報とドキュメンテーション」(TC46)
    (2)「専門用語及び他の言語,情報内容の資源」(TC37)

 

  • 著作権問題の研究
    新しいメディアをめぐって、著作権の問題が大きくクローズアップされており、著作権法について種々の検討がなされています。当協会は、著作者の権利を尊重しつつ、情報の流通・利用の専門の立場から提言する努力を行います。